MENU

TOP / 新着情報 / ダクトの騒音・振動の解消方法

ダクトの騒音・振動の解消方法

2020/05/08

「空調設備を新しくしてから騒音がする……」「ダクトが振動して音が気になる……」
このようなお悩みを抱えている方も多くいらっしゃると思いますが、
オフィスやビルに新しい空調設備を導入しても、
設置方法や施工方法を間違えてしまうと騒音や振動を引き起こす原因になります。
ダクトの騒音や振動は解消することが可能です!今すぐ検討してみてください。

ダクトの騒音・振動の解消方法

ダクトは、エアコンなどの空調機や送風機からの風を室内へ送るための設備ですが、
ダクトを取り付ける位置や設置方法などを考慮しないと騒音や振動の原因となります。
騒音と振動を解消するための設備がありますので、紹介していきます。

振動を解消する「たわみ継手」

「たわみ継手」は、空調機や送風機とダクトの間に設置することで振動を解消する設備です。
ガラス繊維や合成繊維、ゴムなどの柔軟性に優れた素材でつくられており、
発生した振動を吸収できます。
また、耐久性にも優れています。

・柔軟な施工ができる「フレキシブルダクト」

「フレキシブルダクト」は、蛇腹構造(じゃばらこうぞう)でできた柔軟性に優れたダクトで、
一般的なダクトに比べてさまざまな角度に曲げることができます。
狭い天井や施工が難しい部分に設置することで、振動を抑えることができます。

騒音を解消する「消音器」

「消音器」は、空調機や送風機から発生する騒音が室内に届かないようにするための装置です。
消音器内部の「クラスウール」と呼ばれる消音材が騒音を吸収します。
消音器には、「マフラー型」や「スプリッタ型」などが存在しており、
ダクトの種類や用途に合わせて設置可能です。
また、消音器内の穴の空いた鉄板にグラスウールが詰め込まれているので、
空気の流れを遮断しないのも特徴です。


適切な施工を行い快適な室内環境を実現しましょう

空調設備の導入は、建物の構造や間取りを考慮して設置する必要があります。
室内の温度や湿度が快適であっても、騒音や振動が発生していては快適な室内環境とは言えません。
空調機や送風機の選択と同じくらい、ダクトの施工方法や取り付ける設備も考慮して空調設備を導入することが大切です。
働くスタッフが過ごしやすいオフィス環境を目指して、ダクトから空調設備を見直してみてはいかがでしょうか?

Pocket

大阪府の空調設備の配管施工工事はシーマスタイル株式会社にお任せ下さい。


会社名:シーマスタイル株式会社

住所:〒598-0072 大阪府泉佐野市泉ケ丘2-7-24

TEL:090-3032-1190 
FAX:072-479-5337

業務内容:冷房・暖房・換気空調ダクト工事一式